Wi-Fiルーターとは?

このページでは、「Wi-Fiルーター」って何?というあなたのために、基礎を解説いたします。Wi-Fiルーターの基礎情報、種類、利用イメージ、利用のメリットまで、全てがわかります。

Wi-Fiルーターの基礎知識

Wi-Fiルーターがあれば外出先でも、移動中でもどこでもインターネットに接続できます。
モバイルパソコン、スマートフォン、ゲーム機などでインターネットに接続することができるのが特徴です。

メリット1

屋内外問わず、自由に
インターネット環境に繋げる

メリット2

設定やソフトがいらず、
簡単に利用できる

メリット3

各種交通機関の移動中でも
自由に高速通信が可能です。

Wi-Fiルーターの種類

Wi-Fiルーターにはバッテリー内蔵で持ち運びができる【モバイルタイプ】、有線LAN接続ができ、宅内/オフィス向けの【据え置きタイプ】の2種類があります。機種によって通信速度や移動時間、特徴も異なりますので、診断や比較表でぜひ、比較検討してみて下さい。
機種によって通信速度や移動時間、特徴も異なりますので、診断や比較表でぜひ、比較検討してみて下さい。

Wi-FIルーター(モバイルタイプ、据え置きタイプ)

Wi-Fiルーターの選び方

速さとエリアカバーエリアの広さと高速通信対応エリア外の場合の速度に注意

ドコモなら「Xi」、auやUQ WiMAXなら「WiMAX」、ソフトバンクなら「SoftBank 4G」、ワイモバイルなら「Y!mobile 4G」に対応した機種を選べば、下り最大40~150Mbpsの高速通信が可能。ただしこれらは利用できるエリアが限られるます。大切なポイントは自分が利用したいエリアでちゃんと使えるかどうかです。
通信サービスごとの対応エリアは、各社のホームページ上で確認することができます。必要な速度と場所の掛け合わせをチェックしましょう。

詳細を閉じる ▲
詳細を読む ▼
通信の利用制限(速度制限)頻繁に動画やゲーム等をする人は要注意!
詳細を読む ▼

モバイルWi-Fiルーターでは、各社のデータ通信専用料金プランが利用可能。その多くが完全定額制、または月によって使用頻度に差がある場合にお得な2段階制となっています。しかし、上限金額が決まっているからとって無制限に使い放題ではなく、例えば「Xi」や「SoftBank 4G」では、データ通信量が7GBを超えると128Kbpsに速度制限されるか、または追加2GBごとに追加料金が発生。「Y!mobile 4G」でも7GBを超えた場合に、同様の速度制限を設けられています。なお「UQ WiMAX」は、今のところこのような通信制限を設けていません。

詳細を閉じる ▲
Wi-Fiルーターの基本スペックチェックしておきたい連続通信時間・重量等のスペック
詳細を読む ▼

モバイルWi-Fiルーターを快適に使用するためには、1日安心して持ち歩ける大容量バッテリーが不可欠。ただしバッテリーが大きくなればなるほど大型化し、携帯性は悪くなります。バッテリー容量ではなく、実際にどのくらい使えるかの目安になる連続待受・通信時間とサイズ・重量のバランスで選ぶようにしましょう。さらに通信をしたい時にいちいち電源をオン/オフしなくても、PCなどの機器からアクセスがあった際、スリープ状態から自動起動する機能が付いていれば、なお良し。連続待受・通信時間とあわせて、こうした機能の有無もチェックしたいところです。

詳細を閉じる ▲

Wi-Fiルーター使用例

ここでは実際にWi-Fiルーターの使用例・利用イメージを解説いたします。
インターネット接続が手軽に出来れば普段の生活やビジネスシーンも変わってきます。では、どのような利用シーンがあるのか見ていきましょう。

ビジネスで

外出先での商談なのに、急な資料変更!なんて経験ありませんか?営業資料のダウンロードや空いた時間のメールチェックなどもスムーズに行えます。

Skypeなどのインターネット電話を使えば、遠く離れた取引先とも顔を見ながらすぐにミーティングができ、ビジネスチャンスも逃しません!

プライベートで

休日のカフェでの一休みに、気になる商品の検索や、この後どこ行こうかといった情報収集に。
店で聞いた音楽をiPod touchでその場でダウンロードなんてことも可能です。

家の中でも外出先でも使えるから、データ通信料や固定ブロードバンドの使用料を一本化でき、通信料金が節約できます。

あなたにピッタリのWi-Fiルーターを無料診断
ページトップへ